釧路

北海道鉄道漫遊記 15

まだ釧路が続く。釧路の夜はさんまの刺身に焼きカキで酒がうまい。1971年の釧路機関区にはC58型17両とC11型が7両配置されていて大所帯だった。なんとD51も2両配置されていて、これは根室本線用と思われる。釧路駅前にD […]

続きを読む

北海道鉄道漫遊記 14

ようやく釧路にたどり着いた。946でくしろ、と読ませるらしい。「くしろよろしく」も反対言葉で逆から呼んでも「釧路よろしく」となって面白い。お役所のイメージアップ作戦らしい。 釧路駅は立派な3階建てで、遠目にはレンガ風の横 […]

続きを読む

北海道鉄道漫遊記 13

十勝地方の帯広は元気な町である。駅舎も立派な近代的高架橋駅に新装されている。駅前の再整備はまだまだだが、帯広名物の「豚丼」は益々好評である。昔の繁華街跡地を屋台村にしたのも成功したようだ。十勝の内陸では真冬は-20℃以上 […]

続きを読む